ニートレックスを知る

社風からニートレックスを知る

社是

「吾唯足知」(吾、唯、足らざるを知る。)

現状のレベルに満足せず、あくなき挑戦をすることを意味する

その時代に合わせて先進的な技術開発を行ってきたニートレックスでは、
決して現状に甘んずることなく、あくなき挑戦心を持ち続けるように
心がけております。
業界分野

常に必要とされる商材「研削砥石」

取り扱い商材は、常に必要とされる「研削砥石」

研削砥石は、金属・非金属といった材料を問わず、あらゆる産業製品の加工の最終段階で必要となる消耗工具です。どの研削砥石を使うかによって、製品の精度が左右されると言っても過言ではありません。

ニートレックスでは、この研削砥石を開発・製造しております。弊社の商材は、航空機のジェットエンジンの部品加工から注射針の先端、工作機械、セラミックスまで、実に多種多様な製品の加工に使用されております。

研削砥石の使用分野の広さと完全受注生産という点から、弊社は景気の影響を受けにくい安定的な企業なのです。
社員生活への配慮

太陽とともに暮らす。

全社員が、太陽とともに毎日を過ごせるように

全社員が健康的な生活を営めるように配慮するのも、ニートレックスが大切にしていることのひとつ。そのため、弊社では基本的に日勤のみで、3交代制などによる夜勤は一切ありません。

確かに、24時間稼働する方が生産性は上がるかもしれません。しかし、社員の生活リズムが崩れるような労働環境は、決して最善だとは言えないでしょう。

仕事量や納期によって残業・休日出勤が必要となる場合がありますが、弊社のモットーは「太陽とともに生活する」こと。社員一人ひとりが快適に働けるような勤務体制を整えております。

社員からニートレックスを知る

  • 営業技術課 幸村 俊介

    名前
    幸村 俊介
    所属
    営業技術課
    現在の仕事内容
    私は、名古屋営業所にて技術営業を行っています。弊社の製品は、法人向けに販売されることがほとんどです。技術営業の仕事は、実際に砥石を使用している企業様を訪問し、新しい砥石の提案や砥石内容の打ち合わせを行うことがメインです。
    仕事を行う上で大切にしていること
    砥石に求められる性能は、お客様によって本当に千差万別です。とにかく短時間で加工できることを求める方や寿命を重視される方など、お客様ごとにニーズは異なります。そのため、他社と同じような加工をしているお客様に同じ砥石を準備しても、片や「本当に使いやすい砥石だよ」と言われることもあれば、片や「これじゃ仕事の効率が悪いよ」と言われてしまうことも。だからこそ、営業はお客様が何を求めているのかを正しく理解しなければなりません。しかし、何を重視されているのかを教えていただくだけでは、情報が足りないこともあります。より細かい情報を掴むためには、会話の中でのヒントを聞き逃さないことが重要。「過去にこういうものを使って上手くいった」など、細かい情報を何度も引き出して最良の選択肢へ導くことこそ、技術営業の大切な仕事です。
    ここがニートレックスのいいところ
    ニートレックスの技術営業の特徴は、個人の意思が尊重されるところです。ベテランだけでなく新人も自分の担当するお客様のことに関して決定権を持っており、砥石の運用方法などを自分の意思で決めることができます。もちろん上司への報告・連絡・相談は欠かせませんが、上司も私の意見を最大限に尊重してアドバイスをくれます。自分の裁量に任せられるがゆえに悩むこともありますが、自身の意思を実現できることが何よりも自分を奮い立たせてくれるのです。
  • 検査・出荷工程 伊野波 美帆

    名前
    伊野波 美帆
    所属
    検査・出荷工程
    現在の仕事内容
    私は、超精密工場で検査と出荷を担当しています。ニートレックスの製品はお客様の製品(材質・寸法・精度)や生産設備(研削盤・研削液)に合わせたオーダーメイド方式で、工場内を流れる製品のほとんどは内容や寸法がすべて異なります。そのため、検査では「お客様の希望した製品が図面通りできているか」といった外観チェックから始まり、多々ある測定器を使い分け、常に“不適合品を流出させない”ことを心がけています。そして、出荷は製品が工場を出る前の最後の工程です。いくつもの工程を経た製品をお客様の元に確実にお届けするために、納期やお客様の要望を忠実に守る努力をしています。多品種の製品をただ箱に梱包するだけではなく、運搬中の破損や誤送がないよう、細心の注意を払って作業しています。
    仕事のやりがい「だからこの仕事が好き」
    検査・出荷工程は作業人数が大変少なく、女性でも男性と同様の能力が求められます。他のメンバーの足を引っ張らないよう作業しなければならない緊張感もありますが、ニートレックスの製品は多岐にわたり、取り扱う製品形状も様々なので、毎日の検査は刺激的です。しかし、形状が様々な分、毎回同じペースで同じ検査はできません。いかに丁寧で早く正確に検査し、次工程に流せるかという「生産性の向上」がテーマになってきます。そのため、製品状況はすべてコンピュータで管理して明確な目標値を設定し、作業時はクリアできるようにいろいろと改善や工夫を重ねています。その努力が実を結び、「昨日できなかったことが今日できたとき」の達成感は、何とも言えません。日々考えて実践し、改善を重ねながら結果につなげる変化のある環境で、楽しく仕事することができています。
    ニートレックスを選んだ理由
    愛知県という土地柄、自動車関連会社や鉄鋼関係の求人が多く、会社を選ぶ際は大変迷いました。「研削砥石の製造」と言われても何を作っている会社か全く想像できず、進路指導の先生に勧められるがままニートレックスの会社見学に行きました。実際に工場内を見学する中で説明してもらい、研削砥石が自動車関連以外にも、鉄鋼・医療・美容・航空・鉄道など、あらゆる分野で必要とされていることを知ったのです。研削砥石がなくてはならないお客様が存在すること、また安定した需要がある職種ということにも、とても魅力を感じました。女性よりも圧倒的に男性が多い職場で「やっていけるのかな」と心配もありましたが、作業環境や作業内容などを配慮していただけるので、とても働きやすい職場だと思います。
  • 製造技術室 山脇 健

    名前
    山脇 健
    所属
    製造技術室
    現在の仕事内容
    現在は、設計業務を勉強中です。業務の教育を受けている状態ですが、残念ながら教育のマニュアルとしては不十分な点もあります。そのため、教わったことを業務としてこなすだけではなく、今後は自身がマニュアルを作る立場、ともすれば業務のルールを作る立場になるかもしれないと意識して仕事をしています。ちなみに、以前は工場の製造工程の納期管理と入荷品の管理をしていました。入荷品は工程で使用する消耗品だけでなく、製作時に再利用する部品類や一度出荷した製品を再加工して出荷するものもあります。そのため、工程の作業者が迷わないように置き場所を決めたり、どこに置いたかを伝えたりするように気を付けていました。また、営業の方から来る受注に対して納期が遅れないように、製作の順番を考えたり作業者らと打ち合わせをしたりして、効率のよい工程進行を心がけていました。
    仕事していて「楽しい」と思うとき
    これまでの業務や現在行っている業務でも、人力で面倒な作業を行っている内容があります。そういった作業に対して「負荷を減らして同じ内容を行うにはどうすれよいか」を常に考えて仕事に向き合い、改善を図っています。その一環が、自身でプログラムなどのツールを作成すること。ニートレックスは、こうした自由さが非常に高い会社です。私が作ったプログラムを使った方々から「楽になったよ!」と意見をもらえたときは、ほかの何にも変えられない達成感と愉悦感に浸れ、「また次の改善をやろう」という気持ちになります。ときには業務を簡略化し、ときには古いやり方を壊す方法を自ら作れる点が、今の仕事において充実しているところでもあり、楽しいところです。
    ニートレックスに入社しようと思ったきっかけ
    実家では小さな卓上グラインダを使っていたため、砥石に触れたことはありました。しかし、それが研削という加工方法で使うもので、研削砥石と呼ぶことさえも知りませんでした。そして、入社前にいろいろと聞いたお話を通じ、研削加工の奥深さや適用業種の幅広さに惹かれてニートレックスへの入社を決めたのです。また、会社説明会のときに「とりあえずやってみる、駄目だったら戻せばいい」という社風があると聞き、学生の時分から私自身もそのような考え方を持っていたため、強く共感し、ニートレックスに魅力を感じていました。ニートレックスは工場内の設備を自分たちで作ってしまう背景があるためか、個人が動ける自由さは高いと感じています。自ら動いて何かを提案したい人には、とても良い環境だと思います。
研削砥石・研削ホイールに関するお問い合わせはこちらから

メールからのお問い合わせ

【電話受付】09:00~17:00 【定休日】土日祝

TEL.052-872-0551

【本社工場】
〒470-2343
愛知県知多郡武豊町小迎184 

【電話受付】09:00~17:00 【定休日】土日祝

TEL.052-872-0551

メールからのお問い合わせ

ページTOP